EVENT

【クラロワリーグ イースト】2020年フォールシーズンWeek4の『日本ダービー』

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

おつかれさまです、kabutomです。

『クラッシュ・ロワイヤル』の公式eスポーツリーグ『クラロワリーグ イースト』2020年フォールシーズンのWeek4(2020.9.5土~9.6日)がおこなわれました。

今回はWeek4の試合結果と、次週Week5の見どころについてレポートしていきます。

今週の試合結果

『CRL East 2020 Fall』Week4(2020.9.5土~9.6日)の試合結果はこの通りです。

Week4に好結果を残したのはKIX。今週2戦2勝、現在3連勝中と調子が上がってきました。

今週の日本チームは、PONOSが1勝0敗、FAVが0勝2敗という結果でした。

Match20 ”日本ダービー”

Match20には日本ファン待望の”日本チームダービー”が実現しました。

YouTubeのリーグ公式チャンネルの日本語配信に17,000人を越える同時視聴者が集まる大注目の中で、PONOSが2-0で勝利。

しかも、KK選手が3タテを達成し、チームとして相手に1ゲームも与えない完封勝利でした。

昨シーズンは2度戦って2度FAVが勝利していましたが、今回はPONOSが一矢報いた形です。

今季のレギュラーシーズンは2回戦総当たり方式。両チームがふたたび激突するのは、10月9日のWeek9 Match50です。

いますぐ予定表に書き込んでおきましょう!

順位表と個人成績

ここまでのチーム順位と個人成績です。

チーム順位

PONOSTalonNovaの上位3チームが勝ち星を1つずつ積み上げました。

4位KIXも3連勝の急浮上で優勝争いに参戦です。

個人成績

個人成績のゲーム勝率ランキングはこの通りです。

ゲーム勝率1位は、今週出場のなかったMugi選手(PNS)で84.6%。勝率3位 Lciop選手(Nova)はKOH:6勝0敗の無敗記録を継続中です。

今週の最多獲得クラウンはLight選手(KIX)の9、2位はiSlaw選手(KIX)の7でした。2人でペアを組んだMatch21の2v2で、3-0、2-0と荒稼ぎしたのが大きかったです。

BANカード

『CRL East 2020 Fall』でBANカード(使用禁止カード)ルールは、Set1(2v2)でだけ採用されています。

Week4には、「ヒールスピリット」と「スケルトンラッシュ」が新たにBAN選択されました。

次週の試合予定と見どころ

Week5(2020.9.12土~9.13日)の試合予定はこの通りです。

放送開始は日本時間の午後6時からです。2試合目は7時半、3試合目は9時が開始”目安”ですが、その日の進行状況によって前後します。

また、公式画像や映像の中には、中国時間の開始時間(時差で午後5時開始)で表記されているものもありますので、お間違えのないように。

見どころ

総当たり戦の前半戦(1回戦)はMatch28でおわり、Match29からはレギュラーシーズン後半戦(2回戦)がはじまります。

  • Match25・28・30:日本チーム出場!
  • Match27・29:”中国ダービー”
  • Match28:前半戦の最終試合
  • Match29・30:後半戦の開始は、2週連続となる対戦カードで

コラム:今週のベストゲーム

Match21 Set2 Game2: YUYA選手(KIX) 0-1 Sado選手(TT)

今週のベストゲームには、Sado選手の逆転を引き寄せる「60式ムート」を出す判断が光った一戦を選びました。

YUYA選手は「メガナイト・ロイホグ」デッキ。対するSado選手は「スケラ・ムート・迫撃」デッキ。

YUYA選手が序盤からポイズンを有効に使って相手に攻撃の形を作らせず、左右両方のタワーでダメージリードを持って迎えた延長残り約1分の場面。

ここで、Sado選手は迫撃砲の逆サイドの橋前にムートを出します。これが妙手でした。

解説・みかん坊や氏の試合後の説明によると、

  1. 右サイドの迫撃を壊しにメガナイトが出てきた場合ムートの攻撃が通せる
  2. 迫撃と逆の左サイドにロイホグがでてきた場合の防衛にもなる

という相手の2つの選択肢のどちらが来ても有利を取れる一手だったのです。

コンマ数秒後、YUYA選手はメガナイトを出し、ロリババも続けて迫撃を破壊しに行きます。正解は①だった訳です。

Sado選手は、よしこれでムートが通せるぞ、とスケラを打って一気呵成に左下のタワーを攻撃。

YUYA選手もあわてて防衛ポイズンを打ちますが、ムート処理にまで手が回らずタワーに攻撃が刺ささります。

ここでダメージが逆転。

あとは試合時間終了までYUYA選手の怒涛の攻めをしのぎ切って、Sado選手がタイブレークで勝利しました。

みかん坊や氏の高精細な解説のおかげもあって、プレイの奥にあるプロ選手たちの読みや駆け引きの奥深さの一端を垣間見ることができる一戦となりました。

スコア:今週の全試合結果

最後に資料として、Week4 全6試合のスコアを掲載します。

Match 19

デッキPickup

Set2 Game5:バルーンを通すためのSoloman選手の雪玉が絶妙。

解説・みかん坊やさん「追加の雪玉が素晴らしいですね」

実況・岸大河さん「ハンターが構えた瞬間の雪玉でした。Soloman選手、技あり!」

Match 20

デッキPickup

Set2 Game1:JACK選手はファイボ、KK選手はフリーズを防衛に使いあう防衛合戦

Match 21

デッキPickup

Set1 Game1:まさか、2v2で、そのデッキを!?

Match 22

デッキPickup

Set2 Game4:強いデッキを強い人が使うと、とんでもなく強い

Match 23

デッキPickup

Set3 Game2:Hajime選手がタイブレーカーで勝利し、1-1のタイに戻す

Match 24

デッキPickup

Set2 Game3:BenZer選手の勝利デッキは、彼が得意とする迫撃デッキの最新型

リーグ情報

クラロワリーグ イースト(Clash Royale League East)2020

◆ ◆ ◆

Have a good game!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人