EVENT

【クラロワ】『クラロワリーグ イースト』2020年フォールシーズンの概要と見どころ

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

おつかれさまです、kabutomです。

『クラッシュ・ロワイヤル』の公式eスポーツリーグ『クラロワリーグ イースト』の新シーズン、『フォールシーズン』(秋季)が8月15日土曜日に開幕します。

今回は、『フォールシーズン』の概要やスケジュール、見どころなどの”観戦お役立ち情報”をコンパクトにまとめてお届けします。

『クラロワリーグ イースト』とは?

まずはじめに『クラロワリーグ』ってなんぞ?というところから紹介します。

『クラロワリーグ』とは?

クラロワリーグ』(Clash Royale League, CRL)とは、『クラロワ』の公式eスポーツリーグのことです。2018年に発足して今年で3年目となります。

特長は、モバイルゲームにおける初のグローバルプロリーグであることです。

2020年は、日本・中国・アジアを対象とした『イースト』(東)と、ヨーロッパ・南北アメリカを対象とした『ウェスト』(西)の2大リーグで世界展開をしています。

『クラロワリーグ イースト』とは?

2019年までの『アジア』と『チャイナ』、この2つのCRLを統合して新たに作られた新リーグが『クラロワリーグ イースト』(Clash Royale League East, CRL East)です。

日本のチームは昨年まで『CRL Asia』に参戦してきましたが、今年はこの『CRL East』へ出場しています。

今年の4月から5月には『スペシャルシーズン』がおこなわれ、日本のチームFAV gamingの優勝で幕を閉じました。

関連リーグ『クラロワリーグ ウェスト』とは?

ヨーロッパ・北米・中南米を対象にした”もう1つのクラロワリーグ”が、『クラロワリーグ ウェスト』(Clash Royale League West, CRL West)です。

『CRL West』は、2018年の『CRL EU』(ヨーロッパ)、『CRL NA』(北米)、『CRL LATAM』(中南米)の3リーグを1つに統合して2019年に結成された歴史を持ちます。

また、そのレベルの高さで世界中のクラロワプレイヤーから注目されているリーグです。

今年の5月から7月には『スプリングシーズン』(春季)がおこなわれ、アメリカの初参戦チームSpacestation Gamingが優勝を飾りました。

『クラロワリーグ 世界一決定戦』とは?

毎年冬に開かれているクラロワリーグの頂上決戦が、『クラロワリーグ世界一決定戦』です。

世界中にいる腕自慢のクラロワプレイヤーたちが目標としているのがこの大舞台です。

新型コロナウィルス世界的流行の影響もあって今年度の開催が危惧されていましたが、7月29日に2020年の開催が正式発表されました!

開催日は12月5日、6日。場所は上海(中国)(※今後の状況推移によっては計画の変更もあるそうです)。

全8チーム出場とのことなので、EastとWestから上位4チームずつが出場することになるのでしょう。

リーグ形式・ルール・賞金・日程・視聴方法

それでは、『CRL East 2020 Fall』観戦のための情報をチェックしていきましょう。

リーグ形式

  • レギュラーシーズン…全8チームによる2回戦総当たり
  • プレイオフ…上位6チームによる変則ダブルエリミネーション方式トーナメント

レギュラーシーズンの上位6チームがプレイオフに進出することができ、さらに上位2チームはシード権を得ることができます。

上位2チームに入った時点で最終順位4位以上は確定しますので、すなわち”世界大会”も確定することを意味します。

レギュラーシーズンのレースは、この”2位以内”と”6位以内”を目標に展開されることになりそうです。

なお、昨今の事情をふまえ、昨季と同様にオンライン形式での開催となります。

試合ルール

  • レギュラーシーズン…BO3制(2v2 – KOH – 1v1)
  • プレイオフ…BO5制(2v2 – 1v1 – 1v1 – 1v1 – KOH)※TBD

昨季の『CRL East』ではトリプルドラフト(TPD)が採用されましたが、今季は2v2が復活しました。

「2v2 – KOH – 1v1」の並びは、2019年の『CRL West』と同じフォーマットになります。

※プレイオフについてはまだ発表されていませんが、おそらく例年と同様のBO5制になるのではないでしょうか。

賞金プール

  1. 120,000 USD
  2. 60,000 USD
  3. 30,000 USD
  4. 15,000 USD

賞金総額225,000 USD、優勝賞金120,000 USD(約1,270万円)は、ともにリーグ史上最高額です!

試合日程

『CRL East 2020 Fall』は2020年8月15日(土)に開幕し、11月1日(日)までの毎週土曜日、日曜日の18時から公式戦がおこなわれます。

具体的な対戦カードと試合日程については、リーグ公式HPの情報が最新かつ正確であります。

CRL East 公式HP:https://www.crl-east.com/jp/

視聴方法

『CRL East 2020 Fall』の公式戦は、4言語(中国語、日本語、韓国語、英語)でライブ配信されます。

日・韓・英の3言語はYouTube、中国語は中国系のプラットフォームです。

8つのプロチームと選手たち

『CRL East 2020 Fall』に参戦するのは今季もこの8つのプロチームです。

  • FAV gaming(日本)
  • KIX Team(マカオ)
  • Nova Esports(中国)
  • PONOS(日本)
  • Talon(香港、韓国)
  • Team Timing(韓国)
  • TTG(中国)
  • W.EDGM(中国)

7月15日に発表された新シーズンの選手ロスターについては、下の記事でくわしく紹介をしています。こちらもぜひ!

『イースト』の新シーズンはここに注目!

さいごにkabutom的新シーズンの注目ポイントと見どころを4つだけ挙げます。

➀”2v2”がアジアに復活!

今シーズンは2季ぶりに2v2が復活します。アジア、中国のプロリーグでは昨年11月以来の公式戦採用となる訳で、大きく様変わりした2v2環境への適応が各チームの課題となります。

2v2環境を占う上では、5月から7月におこなわれた『CRL West』2020 Springが大きな参考になるでしょう。

Wバレバレ枯渇

特に目立ったのは、「ゴブリンバレル」と「スケルトンバレル」が両方入った通称”バレバレ枯渇”をWで使う、”Wバレバレ枯渇”が猛威を振るったことです。

対策も模索されましたが、まだ決定打は見つかっていません。シーズン後半には、”Wバレバレ”対”Wバレバレ”のミラーマッチも見られました。Eastでも要警戒の2v2デッキです。

巨大スケルトンBAN

Westのもう1つの動きは、BANの2番人気が「巨大スケルトン」だったことです(1番人気は言わずもがな、不動の「トルネード」です)。

巨スケ人気は、死亡時爆弾のカウンター抑止能力が高く評価されてのことだと思われます。

そこへ、2020年7月のバランス調整で強化された「漁師トリトン」が、巨スケのメタとして名乗りを上げました。Eastでもこの2枚をめぐるスリリングな駆け引きが見られそうです。

攻撃呪文の弱体化

プロ同士のハイレベルな2v2ともなると、”互いに防衛能力が高すぎて攻撃がほとんど刺さらず、結局勝負を分けたのは呪文によるタワーダメージの蓄積”…という展開の試合も多かったですよね。

そこへ、直近(2020年8月)のバランス調整で攻撃呪文のタワーダメージが弱体化されました。この調整は、2v2のデッキ選択や戦術にきっと大きな影響を与えることでしょう。

開幕週Week1の2v2に、各チームがどんなデッキを持ち込むのかに注目です!

➁2回戦総当たりの長期戦!

今季のレギュラーシーズンは、全8チームが総当たり戦を2度繰り返す長期戦となっています。

9週にわたるシーズン中には、バランス調整も2度(9月・10月)行われるはずです。運や勢いでごまかすことのできない”チームの真の実力”が問われるシーズンとなるでしょう。

長いシーズンのカギを握るのは新戦力。特に、7人の大型新人プロ選手たちです。

  • Hajime(FAV・日本)
  • Mohamed Light(KIX・エジプト)
  • YUYA(KIX・日本)
  • CRSUX(Nova・アメリカ)
  • Mugi(PONOS・日本)
  • Boss(TTG・アメリカ)
  • FamousKid(TTG・シンガポール)

彼らの中から誰がいち早く覚醒し、”大化け”するのかによって、Eastの順位争いは大きく動くことになりそうです!

➂”日本チームダービー”は2度ある

今季のレギュラーシーズンが2回戦総当たりということは…みなさんお分かりですね?

そうです、日本の2チームFAV gamingPONOSの直接対決、”日本チームダービー”が今季は2度あるということです(更にプレイオフで3、4度目が見られる可能性もあります)。

  1. 9月5日(土曜日)
  2. 10月9日(金曜日)

この2つの日付は、手帳に赤ペンでメモしておきましょう!

➃打倒Westに向けて!

世界中のクラロワリーグファンに「いま、EastとWestでどっちのCRLの方が強いと思う?」と尋ねたとしたら、残念ながらWestと答える人の方が多いでしょう。

その理由の1つは昨年の『CRL世界一決定戦』の結果です。

Westから出場した2チームのうち、Team Liquidは無敗で優勝し、SK Gamingは敗れましたがその相手はTeam Liquidでした。

つまり、West勢は他のリーグ(当時のAsiaとChina)に負けなかったのです。

これからはじまるEastの新シーズンは、「Eastの中でどのチームが一番強いのか?」を決める戦いであるのはもちろんです。

更には「West勢へリベンジを果たすためにEast勢が互いに力を高め合う場」という意味合いでも注目をしていきたいです。

リーグ情報

クラロワリーグ イースト(Clash Royale League East)2020

◆ ◆ ◆

Have a good game!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人