EVENT

【クラロワリーグ イースト】2020年 フォールシーズン Week6は「独走態勢」

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

おつかれさまです、kabutomです。

『クラッシュ・ロワイヤル』の公式eスポーツリーグ『クラロワリーグ イースト』2020年フォールシーズンのWeek6(2020.9.19土~9.20日)がおこなわれました。

今回はWeek6の試合結果とベストゲーム、そして次週の見どころをレポートしていきます。

今週の試合結果

『CRL East 2020 Fall』Week6(2020.9.19土~9.20日)の試合結果はこの通りです。

上位勢では、先週2位のTalonが2連敗、先週3位のKIXが2連勝と明暗が分かれる格好に。

PONOSは今週1戦1勝で首位を守りましたが、2位は入れ替わりKIXが浮上しました。

しかしPONOSKIXは残り試合数に差もありますし、事実上の差は「1」以上ありそうです。

  • レギュラーシーズンは、このままPONOSが独走するのでしょうか?
  • それとも、PONOSを止めるチームが現れるのでしょうか?

一方、プレイオフ進出圏内となる6位をめぐる争いもし烈です。

今週勝ったFAVは最下位を脱出しましたが、6位・7位・8位は同じ勝ち星「3」で並んでいます。

1位争い以上に、先がまったく読めません。

順位表と個人成績

ここまでのチーム順位と個人成績です。

チーム順位

首位PONOSは、Set1・Set2・Set3(2W0L)の全方位にスキがありません。

追いかける2位KIXのSet1・Set2は、まあまあの成績です。しかし、プレッシャーのかかるSet3(4W1L)で勝負強く接戦をもぎ取ってきました。

3位TalonはKIXと逆で、Set1・Set2が優秀な反面、Set3で0%(0W2L)と競り負けています。

個人成績

個人成績のゲーム勝率ランキングはこの通りです。

ゲーム勝率1位は、Mugi選手(PNS)の82.4%。2位には今週KOHで2度目の3タテを達成したCRS選手が浮上しました。

今週の最多獲得クラウンはLight選手(KIX)の7。次点はライキジョーンズ選手(PNS)の6でした。

BANカード

『CRL East 2020 Fall』でBANカード(使用禁止カード)ルールは、Set1(2v2)でだけ採用されています。

Weel6には、「ディガー」が新たにBAN選択されました。トルネ―ドがBANを外れる試合もちらほら出てきましたが、盤面が複雑になるほど経験値のあるペアに有利な状況になる気がしています。

次週の試合予定と見どころ

Week7(2020.9.26土~9.27日)の試合予定はこの通りです。

放送開始は日本時間の午後6時からです。2試合目は7時半、3試合目は9時が開始”目安”ですが、その日の進行状況によって前後します。

また、公式画像や映像の中には、中国時間の開始時間(時差で午後5時開始)で表記されているものもありますので、お間違えのないように。

見どころ

Week7の見どころについて、まとめておきましょう。

  • Match37・38・40・42:日本チーム登場
  • Match38:プレイオフ進出圏争い(6位7位対決)
  • Match40:PONOSが唯一負けた相手TTGとの2度目の対決
  • Match42:プレイオフ進出圏争い(5位6位対決)

”もう1つのクラロワリーグ”、CRL WestはWeek2

先週開幕した『クラロワリーグ ウェスト』もWeek2(2020.9.26土~9.27日)を迎えます。

Smashlogでも、新シーズンの紹介と観戦の仕方などを解説した記事を用意しておりますので、ぜひご覧ください。

コラム:今週のベストゲーム

Match35 Set2 Game3: Sado選手(TT) 0-1 CRS選手(Nova)

今週のベストゲームには、Match35でKOHの3タテを達成したCRS選手の3ゲーム目(vs Sado選手)を選びました。

Sado選手は「迫撃ムートスケラ」デッキ。

対するCRS選手は「バレバレ枯渇」デッキ。

このゲームで光ったのは、CRS選手の素早く的確な防衛術です。

まだ互いの手札が全て出ていない時点で、Sado選手が最初に繰り出した「ムート・スケラ」の奇襲も、「スケルトン・テスラ・ウッド・ナイト」を矢継ぎ早に展開して最小限のダメージに抑えます。

Sado選手のユニットが3体溜まって、いかにもスケラを仕掛けられそうなピンチは「ウッド・ファイボ」で早急に除去していきます。

スケラを打たれたときも、ニクイ位置に吹き矢ゴブリンを配置してろくにダメージを与えさせません。

こうして相手にいい形で攻めさせない一方で、CRS選手自身は2つのバレルをポイポイ投げてプレッシャーをかけ続けます。

Sado選手もさるもの。デッキに2コスト呪文がなくて処理は難しいはずなのに、前半は見事にしのいでいました。

ですが、エリクサー2倍タイムに入って形勢は逆転。エリクサー3倍タイムには、さすがに防戦一方となりました。

さいごはCRS選手のファイアボールでフィニッシュです。3タテ達成と同時に、この試合におけるNovaの勝利が確定しました。

Match17以来の登場となったCRS選手ですが、この日の活躍ぶりを見てしまうと、今後は出番が増えていきそうな予感がします。ファンとしても彼のプレイをもっともっと見たいです。

スコア:今週の全試合結果

最後に資料として、Week6 全6試合のスコアを掲載します。

Match 31

デッキPickup

Set2 Game3:Sado選手が「遅延スケラ」デッキで3タテを決める

Match 32

デッキPickup

Set2 Game3:”皇帝対王”の対決。Light選手が「メガナイトロイホグ」で勝つ

Match 33

デッキPickup

Set2 Game1:W.EDGMへ新加入したRadish選手のデビュー戦は、ちょっとかわった「スケフリ」だった

Match 34

デッキPickup

Set2 Game2:KOH初登場のきたっしゃん選手、「ババ小屋スケラ」で2タテ

Match 35

デッキPickup

Set2 Game1:「ラヴァバル」デッキのCRS選手が”橋前バババルーン”での奇襲に成功

Match 36

デッキPickup

Set3 Game2:マッチポイントを迎えたゲームにLight選手が採用したのは「高回転ロイジャイ」デッキだった

リーグ情報

クラロワリーグ イースト(Clash Royale League East)2020

◆ ◆ ◆

Have a good game!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人