DECK

【クラロワ】今間違いなく最強のデッキ「高回転トリトンロイジャイ」を徹底解説

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

どうも、Lewisです!

今回は、現在最も強いデッキと評価を受けている「高回転トリトンロイジャイデッキ」について解説していきます。

今シーズン途中に、グローバル1~5位がこのデッキで占められた時は大きな話題を呼びました。

その強さの理由についても考察していきたいと思います。

特徴はデッキの回転率の高さ

その最大の特徴は、スケルトンやヒールスピリットの採用による、デッキ回転力の高さです。

攻防バランスのとれたカードを高回転で回せる

攻撃の主軸カードであるロイヤルジャイアント(以下ロイジャイ)や、防衛の主軸カードであるトリトンとハンターを高回転で手札に回せる恩恵は非常に大きいです。

トリトンとハンターの防衛力は非常に高く、ロイジャイとヒールスピリットの組み合わせによる攻撃力もかなり強力であり、非常に完成度の高いデッキとなっています。

トリトンロイジャイデッキの2つの型

今回は、2つのトリトンロイジャイデッキの型をご紹介します。

  1. スケドラウッド型
  2. エレキロリババ型

元々はスケルトンドラゴン(以下スケドラ)とローリングウッド(以下ウッド)を採用した型が主流でした。

しかし最近は、エレクトロウィザード(以下エレキ)とローリングバーバリアン(以下ロリババ)を採用した型が主流になりつつあります。

次の項目でそれぞれの型の利点をまとめてみましょう。

➀スケドラウッド型

相手の大型呪文がライトニングやロケット、又は大型呪文採用無しの場合はスケドラを処理しづらいため、スケドラの性能を活かしやすいです。

特に、現在に至るまで高い使用率を誇っており、昨シーズンのグローバル2位のプレイヤーも使用していた遅延テスラクロスボウデッキに対して非常に有効であるという点が大きいです。

ウッドは手札回しやタワーを落とす際の呪文削りにも使うことができ、ダメージを蓄積しやすいという点は依然として魅力的です。

【参考】遅延テスラクロスボウデッキ

➁エレキロリババ型

このデッキは陸受けのユニットはトリトンのみであり、決して陸受けの強いデッキとは言えません。

しかし、ウッドの枠をロリババにすることによって、陸受けの性能が強化されています。

そしてスケドラに比べ攻撃力は落ちますが、防衛に優れたエレキを採用することにより、スケドラウッド型よりも防衛力の増したデッキとなっています。

スケドラウッド型では非常に対応のしづらいインフェルノドラゴンに強くなる点も魅力的です。

基本的な立ち回り

上記の通り、トリトンやハンターを軸に防衛しつつ、カウンターでロイジャイとヒールスピリットで攻撃する立ち回りになります。

その性質上橋前からのロイジャイ展開が多くなりますが、どうしても攻めがタワーに届かない場合はキング裏のロイジャイ展開からゆっくり形を作っていく立ち回りも有効です。

ロイジャイが橋に到達する頃には既に次のロイジャイが手札に回っている場合が多く、ボムタワーなどの施設が突破できないときにはそのロイジャイ2体を使った攻めが有効になります。

強さの理由を考察

さて、ここまでトリトンロイジャイデッキの特徴やデッキ紹介、立ち回りを紹介してきました。

最後に自分なりの強さの理由を考察してみたいと思います。重複する内容もありますがデッキへの理解をより深めてもらえればと思います。

①回転力の高さ

前述の通り、その最大の強みはデッキの回転力です。

このデッキは、ヒールスピリットやトリトン、ハンターをはじめとした、単体性能が強力なカードを多く採用しています。

そこに回転力が加わることにより、単純に性能の高いカードを多く使用できるというわけです。

そして、相手がロイジャイに対応できるカード(インフェルノタワーやボムタワーなど)を持っていたとしても、回転力で勝っていれば対応させません。

相手に再びそのカードが回る前にロイジャイでタワーを削りにいくことが可能だからです。

このように、デッキの回転力の高さで得られる恩恵は数多くあります。

②トリトンの汎用性

トリトンは、その性質から防衛用のユニットというイメージが強いですが、ロイジャイと組み合わせる事により、攻撃にも高い性能を発揮することが可能になります。

ロイジャイは射程が長く、かなり自陣から近い位置で攻撃することができます。

その性質上、ロイジャイの防衛に出した地上ユニットをトリトンで引き剝がすことが簡単にできるのです。

防衛で残ったトリトンにロイジャイをつけるだけでも、相手からは守りづらい形になります。

③ロイジャイとヒールスピリットの相性

以前のヒールスピリットの記事でも解説しましたが、現在最強性能カードとの評価を受けているヒールスピリットと、ロイヤルジャイアントは非常に相性がいいです。

この組み合わせの最大の強みはヒールスピリットの回復能力を発動しやすいという点です。

ロイジャイは射程が長く、自陣寄りで攻撃するため、ロイジャイを処理しにきたユニットに対して簡単にヒールスピリットを当てることができます。

ロイジャイの攻撃は火力が高いので、ヒールスピリットの回復力を活かして攻撃を通すことができれば大ダメージを与えることが可能です。

さいごに

高回転トリトンロイジャイの解説、いかがだったでしょうか。

非常にデッキパワーが高いため、初心者でも比較的簡単に扱うことができるので、自信を持っておすすめしたいデッキとなっています。

興味を持った方は、是非とも使ってみてはいかがでしょうか?

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人