DECK

【クラロワ】最強の攻めデッキ「エリゴレダクネデッキ」の立ち回りを解説します

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

皆さんこんにちはピラメキです。

今回は最強の攻めデッキと名高い「エリゴレダクネデッキ」を紹介していきたいと思います!

「エリゴレダクネデッキ」のデッキ構成

エリゴレダクネデッキは

  • エリクサーゴーレム(エリゴレ)
  • ダークネクロ(ダクネ)
  • バトルヒーラー(ヒーラー)
  • レイジ
  • トルネード(トルネ)
  • ベビードラゴン(ベビドラ)
  • ライトニングドラゴン(ライドラ)
  • ヒールスピリット

の8枚で構築されます。

攻めに特化したこのデッキ、形を作ってレイジを乗せ、相手を一気に攻め立てる、ハマれば爽快のオススメデッキです!

エリゴレダクネデッキの基本の立ち回り

後ろから形を作る

単体攻めはNGなので、後ろから後ろから形を作っていきます。

キング後ろから攻めたいサイドにエリゴレを出し、その後ろにダクネやヒーラーなどユニットを付けて攻めの形を作ります。

デッキの回転させカウンターを狙おう

エリゴレが手札に無い時やアドバンテージを取られている時などは、相手の出してきたユニットに相性の良いカードを当てるなどしてデッキを回転させましょう。

ベビドラやライドラなどで防衛した後、橋前にエリゴレを付けることが出来れば、強力なカウンターをすることが出来ます。

また、ヒーラー、ヒールスピリット、レイジのカードは範囲内で効果を発揮するカード達ですよね。

これらのカードはなるべくユニットを溜め、範囲効果を活かしていきましょう。

エリゴレを潰されたカウンターに注意

エリゴレは3コストとは思えない火力と体力を持っているステータスと引き換えに、倒されると相手に4コスト献上してしまうというデメリット効果を持っています。

相手にエリクサーを与えてしまうという特殊なカードなので使い方は特に注意したいです。

例えば、単体でエリゴレを相手タワーに突っ込ませるとダメージは多少入ると思います。

しかし、相手の防衛したユニット+4コスト献上分のユニットによる怒涛のカウンターがやってくるので、単体で出すのはリスクが高いというわけです。

タワーを攻めつつ相手ユニットを攻める

単体攻めでもユニットで固めて攻めても、エリゴレを出した時点で相手に4コストが渡ることは確定しているので、なるべくカウンターされない攻めが大事になります。

レイジを使って攻めを強化しよう

後ろから形を作っていき、ある程度ユニットが溜まったらレイジをかけます。

レイジをかけることによって移動速度と攻撃速度が上昇するので、より強力な攻めをすることが可能です。

トルネードで相手ユニットを巻き込もう

タワーを攻めていく過程でトルネを使うことで、ベビドラやライドラの攻撃を相手ユニットにも絡めていきましょう。

エリゴレ撃破で4コスト献上しますが、相手ユニットも攻めることによって相手のカウンターを抑制することが出来るというわけです。

攻める際はタワーだけでなく、相手ユニットも攻めることを意識しましょう!

相手の逆サイ攻め許容

こちらがエリゴレを展開した際、相手は逆サイドを攻めてくることが多いと思います。

防衛のみに力を入れてしまうと肝心の攻めが手薄くなってしまい、かえって4コスト献上したあげく相手ユニットも処理できないという形になってしまいます。

逆サイ攻めをされたら、トルネードキング起動だけで抑えることやトルネ+ユニット1枚などでタワーダメージを抑えることが大事です。

守りにトルネードを使い過ぎないよう注意

守りにトルネを使ってしまうとタワーを攻めつつユニットも攻めることが困難になります。

そうなったら割り切って、キングタワーを折られない程度にタワーを捨てて攻めにエリクサーを全投資なんて攻め方もありだと思います。

形が決まれば1撃でキングタワーを持っていく力があるので、自分のタワーダメージと相談してユニットを追加をしましょう。

他の型のエリゴレデッキ

今回紹介したのは攻撃特化のエリゴレデッキですが、実は色々とマイナーチェンジも効くデッキなんです。

いくつか紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

攻撃に「安定」をプラスしたデッキ構成

上記のエリゴレデッキはレイジやダクネを抜いてローリングバーバリアン(ロリババ)、バーバリアンの小屋(ババ小屋)を入れた、守りに寄せたデッキになっています。

タワーを捨てて攻めることも効果的ですが、こちらはババ小屋を建てて逆サイケアをしつつ攻めれるようになっています。

ババ小屋は地上に対しての防衛が優秀なので、立てておくだけで相手の攻めの抑制に効果的です。

空デッキに対してはベビドラ、ライドラ、トルネを使ってうまく防衛できれば攻めに繋げることもできます。

ダクネがいない分攻めは弱くなりますが、守りに力が入っているので安定して戦いたい方にオススメです。

自分の戦術に合わせたマイナーチェンジ

他にベビドラの枠をインフェルノドラゴン、スケルトンドラゴン、マジックアーチャーなどに変更したデッキもありです。

更にはファイアーボール、ポイズンなどの中型スペルを入れたデッキなども効果的です。

ただ、いずれのデッキもエリゴレ、ヒーラー、ライドラは必須で入っているので、これらを軸に自分に合ったマイナーチェンジを試してみてください。

まとめ

今回はエリゴレダクネデッキについて書きましたが、特に大事な点は「タワーを攻めつつユニットを攻める」という点と「相手の逆サイド攻め許容」だと思います。

この2点は他のデッキでも重要になってくるので抑えておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人