DECK

【クラロワ】オススメ最強デッキまとめ【2021年9月最新版】

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

このページでは、2021年9月最新バランス調整(シーズン27環境)における、クラロワトッププレイヤー達が選ぶ最強デッキを掲載しております。

今回はけんつめし選手と焼き鳥選手の2名による評価を元にご紹介いたします。

2021年9月最新バランス調整について

シーズン27の最新アップデートによって、カードバランスに大きな調整が実施されました。

リワークで生まれ変わったダークネクロを含む、調整を受けた16枚の調整内容は↓の記事で全て解説しています。

2.6ロイホグ

手札を素早く回しながら相手の攻撃を受けきったタイミングで、ロイホグによるカウンターを仕掛けるデッキです。

今回のバランス調整でダメージ+6%の強化を受けたロイホグとアースクエイクのコンボは、相手のボムタワーすら破壊してタワーに届く程の突破力を誇ります。

また、ロイホグ同士の対決であってもデリバリー+ウッドを手札に残しておけば、無傷でロイホグを受けきることが可能です。

親衛隊ロイホグ

テンプレデッキとしても人気の高い『親衛隊ロイホグ』の矢の雨・ファイボ型です。

環境に多いボンバーや盾の戦士に対して矢の雨が刺さるだけでなく、大型デッキの後衛のほとんどをを矢の雨+ファイボ処理しきることができます。

“残った親衛隊の後ろにロイホグを付けるだけ”というデッキの使いやすさからも、特にオススメしたいデッキです。

少し構成は変わりますが、↓の動画ではみかん坊やさんが『親衛隊ロイホグ』を実演しています。こちらも是非参考にしてください!

ジャイダクネ

トリトン+ハンターで防衛をした後に、ジャイアント+ダクネもしくはジャイアント+ディガーの形を組んで攻めるデッキです。

死亡時コウモリが廃止された代わりに生存中は高回転でコウモリを発生させるダクネは、大型ユニットとしてはコストが軽めなジャイアントと相性がより抜群になっています。

呪文はポイズンと雪玉で、ジャイダクネの形を防衛してくるユニットに対して遅延やノックバックを与えつつ、ジャイアントの一発を通しましょう。

高回転ロイジャイ

こちらもトリトン+ハンターの防衛から入り、形を作るデッキです。

防衛でユニットが残ったところにロイジャイを橋前から付け足し、徐々に相手タワーを削る立ち回りをしていきましょう。

型は違いますが、トリトンロイジャイデッキの基本的な使い方は↓の記事で詳しく解説しています。

ボンバー型遅延ゴレ

ファイボで処理されてしまうアイスウィザードの枠を、2コストのボンバーに変えた遅延ゴレデッキです。

遅延デッキは2倍タイムまでは防衛に徹して、2倍タイム以降ゴレ+ダクネの形を組みライトニングを追加する立ち回りが鉄板です。

また今まで苦手としていたラヴァデッキに対して、ダクネのコウモリで処理がしやすくなっている点も現環境で強い要因と言えます。

ラヴァディガー

ラヴァが破壊された直後に、ディガーを飛ばしてターゲットを奪う事でラヴァパピィたちが一気に火力を稼ぐデッキです。

また火力+12%の強化を受けた盾の戦士を採用することで、ラヴァで攻めている逆のサイドを攻めこんできた敵ユニットを一気に処理しやすくなりました。

前シーズンで紹介した最強デッキ

前シーズンはゴブリンドリル対策の厚いデッキを選択することがマストでした。

現環境でもゴブドリに手を焼いている方は特に、以下で紹介するデッキを参考にしてみてください。

高回転ドリルWB(ウォールブレイカー)

ゴブドリ+ウォールブレイカーの、攻めの主軸を2枚揃えた高回転デッキです。

高回転でドリルとWBを飛ばすことができ、防衛は先置きテスラを主軸にサブユニットとファイボを回せば大抵の攻撃を防ぐことができます。

マジアチャドリルWB

上で紹介した高回転ドリルWBに比べ、ローリングウッドのノックバック効果を活かすことができます。

敵陣地のユニットをノックバックさせる事でWBを通しやすくしたり、自陣での防衛もファイボと比べてより小回りが効きます。

展開を見てマジックアーチャーでタワーダメージを狙っていければ一気に勝率が上がるでしょう。

マザネク入り遅延エレジャイ

元々アイスウィザードが入っていましたが、下方修正を受けてマザネクに変更しています。

ゴブリンドリルに対してもダクプリ・ボンバーで防衛がしやすく、攻めに転じた時の火力はトップクラスです。

遅延エレジャイデッキの基本的な立ち回りは↓の動画でみかん坊や選手の解説をご覧頂けます。

ペッカラム

テンプレとして古くから存在するペッカラムデッキが環境に合わせて変化した形です。

ゴブドリデッキに対してダクプリ・樽ババがメタとなり、ペッカの弱点である小物ユニットに対してはマザネクが相性を補完します。

ペッカデッキは環境に左右されがちな印象がありますが、このデッキは前シーズンの統計データから見ても非常に高い勝率をマークしています。

マザネク入りロイジャイ

トリトン・ロイジャイのシナジーを残しつつ、ゴブドリ対策を施したロイジャイデッキです。

空に対してはマザネク・メガゴ、更にはゴブ檻とファイアボールを採用しており、どんなデッキに対しても万能に対応できる構成となっています。

環境に多いゴブドリデッキはテスラ等の施設持ちも多いので、2周目ロイジャイを意識して立ち回ると刺さりやすいです。

初心者向けアリーナ別おすすめデッキ

↑の記事ではまだ全てのカードを解放(アンロック)していない初心者・新規プレイヤー向けに、各アリーナ帯で組めるオススメのデッキを掲載しています。

テンプレートとして完成度が高く、その後のデッキ選びや立ち回りのベースとして知識と経験が積めるので、初心者の方はまずこちらを是非参考にしてみてください!

使用率・勝率の高いデッキの探し方

クラロワコミュニティではデッキの使用率や勝率の統計データが閲覧できる便利な外部ツールが運営されています。

今回紹介したデッキの他に、好きなカードを主軸としたデッキ検索や好きなプレイヤーが使っているデッキなど、統計データに基づくデッキ情報がリアルタイムで更新されています。

自作デッキの作り方

こちらの動画では、一から自分のオリジナルデッキを作ってみたい方に向けて、自作デッキの組み方を詳しく解説しています。

上記のツールも使いながら、自分だけの最強デッキを完成させましょう!

関連情報

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人