EVENT

【クラロワ】『クラロワリーグ イースト』2020年スペシャルシーズン プレイオフWeek1の「天国と地獄」

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

おつかれさまです、kabutomです。

「クラッシュ・ロワイヤル」の公式eスポーツリーグ『クラロワリーグ イースト』2020年スペシャルシーズンのプレイオフWeek1が5月9日、10日におこなわれました。

今回は「天国と地獄」だったその試合結果と、来週の見どころについてレポートしていきます。

※試合中継の画像、試合日程、選手画像はクラロワリーグからご提供いただきました。

先週の試合結果:SS プレイオフ Week1

先週『CRL East』2020 SS Playoffs Week1(2020.5.9土~5.10日)の試合結果はこの通りです。

Winners’ブラケットでは、W.EDGMKIX Teamが勝利し、頂点へ一歩近づきました。

日本勢FAV gamingはWinners’でW.EDGMと対戦し、2-0と先行したところからの逆転負けを喫し、Losers’へ回ることになりました。

もう1つの日本勢PONOSはレギュラーシーズン後半からの好調を維持し、Losers’でTimingに逆転勝ちしています。

先週のスコア:SS プレイオフ Week1

それでは先週のプレイオフ全4試合をスコアでふりかえっていきましょう。

P.O.Match1: W.EDGM vs FAV gaming

Set1、2をストレートで取りながら大逆転を喫するという、FAVにとっては痛恨の試合となりました。

JACK選手とけんつめし選手の活躍で”今季初めてKOHとTPD(トリプルドラフト)を連取できた”点には課題へ取り組んできた成果が出ていましたし、1v1でも3セットとも接戦だっただけに何とも悔やまれる結果です。

ですがこれは、もう後のない絶体絶命の状況から3選手が役割を果たしきったW.EDGMの選手層と底力をたたえるべきところでしょう。

P.O.Match2: TTG vs KIX Team

一進一退のシーソーゲームが展開された末、大接戦をモノにしたのは、KIXでした。

P.O.Match1につづいて、このP.O.Match2も最終セット最終ゲームまで勝負が分からない大接戦となりました。

勝ちと負けに分かれはしましたが、Winners’の4チームが高いレベルで拮抗していることがありありと伝わってくる1日でした。

P.O.Match3: Talon vs KIX Nova Esports

NovaがCRL Chinaで2018年から続けてきた”プレイオフ不敗神話”が途絶える日が来ました。

それも、Novaを支え続けて来た中国を代表する2大エース、Lciop選手とLittle Chen選手が1つも勝てずに負けるという完膚なきまでの負け方で。

シーズン後半から”4試合連続ストレート勝ち”というTalonが絶好調すぎたのも大きな理由ですが、1つの時代の変わり目を目撃した気がしています。

P.O.Match4: PONOS vs Team Timing

3連勝中PONOS対3連敗中Timingというマッチアップながら、意外やSet1を先に取ったのはTiming。

PONOSに暗雲がたちこめますが、ここから天GOD選手・焼き鳥選手・KK選手が連続でSetを取り、逆転に成功しました。

Timingにとっては、レギュラーシーズンに苦しんだHaruki選手、Greed選手が遅まきながらも今季初勝利を挙げるなどチームとして成長できた点は救いです。

順位表:SS プレイオフ Week1

これまでのチーム順位と個人成績を見ていきましょう。

チーム順位

CRL East 2020 SS レギュラーシーズンとプレイオフを通算した順位表です。順位自体ではなく、各チームの”性格”をつかむ目的で用意しました。

特筆すべきは通算1位W.EDGMの1v1セット勝率です。なんと依然100%(5/5)!

TalonPONOSの2チームはシーズン後半から4連勝中と好調をキープしています。Talonに至っては”4連続ストレート勝ち”の絶好調です。

個人成績

個人成績のゲーム勝率ランキングはこの通りです。(レギュラーシーズン・プレイオフ通算)

ゲーム勝率1位は66.7%で、KK選手(PONOS)、iSlaw選手(KIX)、天GOD選手(PONOS)、焼き鳥選手(PONOS)の4人が並びました。

ゲーム勝利数1位は21のD.King選手(TTG)。最多獲得クラウンは25で、Line選手(Talon)です。

今週活躍が目立ったのは、以下の選手たちでした。

  • BenZer Ridel選手(KIX)今週5W3L、5クラウン
  • JACK選手(FAV)今週4W2L、4クラウン、KOH 3タテ
  • Line選手(Talon)今週3W1L、3クラウン
  • KK選手(PONOS)今週3W2L、4クラウン

今週の試合スケジュール:SS プレイオフ Week2

5月16日(土)、17日(日)の試合予定はこの通り。

放送開始は両日とも日本時間の午後6時からです。

Match8は、Match5の勝者とMatch6の勝者の対戦になります。日本勢FAVPONOSが直接対決するとすればこの試合です。さあ、どうなるでしょうか。

  • P.O.Match5・・・”4試合連続ストレート勝ち”と絶好調のTalonにFAVが挑む
  • P.O.Match6・・・今季開幕戦(Match1)の再戦。その時はTTGがPONOSに2-1で逆転勝ちした
  • P.O.Match7・・・Winners’の大一番W.EDGM対KIX。勝ったチームは決勝へ進出!
  • P.O.Match8・・・日本勢直接対決は実現するか!?

kabutomコラム(バランス調整でカード使用率はどう変わったか/今週のベストマッチ)

今週のコラムでは、バランス調整(5月5日実施)の前と後でカード使用率がどう変わったかをチェックします。

バランス調整(5月5日実施)でカード使用率はどう変わったか

クラロワのデータサイト「RoyaleAPI」のCRL特設サイトにあるカードのSTATSを使って、バランス調整(5月5日実施)の前と後でカード使用率がどう変わったかを一緒に見ていきましょう。

※RoyaleAPI CRL特設サイト:https://royaleapi.com/league/crl

このサイトではWeekごとに絞り込みができるところが便利です。

カード使用回数Top8(Week1~Week4)by RoyaleAPI

  • ユニットカードでは「ベビードラゴン」「ディガー」「マスケット銃士」「ミニペッカ」が上位入り。
  • 呪文カードでは「ローリングバーバリアン」「ポイズン」「ローリングウッド」が人気。
  • 建物カードでは「ゴブリンの小屋」がトップ。

カード使用回数Top8(プレイオフWeek1)by RoyaleAPI

  • ユニットカードでは「コウモリの群れ」が急浮上。
  • 呪文カードでは「ザップ」が浮上。ランク外では「ロイヤルデリバリー」の使用も急増。
  • 建物カードでは「ゴブリンの檻」が突出。

まず目につくのは、バランス調整(5月5日実施)で下方修正されたカードの登場回数が減り、上方修正されたカードが増えたこと。

具体的にはベビドラ・ミニペ・ゴブ小屋が減り、ゴブ檻・ロイヤルデリバリーが増えました。

特に、ロイヤルデリバリーは2020年3月にリリースされてから一度も脚光を浴びたことのない不遇のカードでしたが、ついに彼の時代がやって来たのかもしれません。

発動の遅さから来る使いづらさは変わっていないはずなのに、プロ選手たちはズバズバいいタイミングで使いこなしていました。流石、プロ・・・。

また、ベビドラが減ったことでコウモリ採用が増え、コウモリが増えたことでザップが増えています。

このあたりの”連鎖反応”は、Week2でも変化し続ける可能性がありますね。

そして、変わらずに人気だったのは、ディガー・マスケ・ポイズン・ロリババといったカードです。

重量級デッキでも、軽量級デッキでも幅広く活躍の場がある点が、重宝されているポイントなのかもしれません。

来週はどんなカードやデッキが流行るのでしょうか?

Twitterなどで”予言”しておくと、当たった時にドヤ顔できるかもしれませんね。

今週のベストマッチ

P.O.Match2 Set4 Game2: AUK選手(TTG) 0-1 Legend選手(KIX)

今週のベストマッチには、”2018年「CRL世界一決定戦」優勝メンバー”(当時Nova所属)同士の対決から1試合をピックアップしました。

今季もハイレベルで好調なAUK選手に対し、ここまで1ゲームも勝てていないLegend選手という、明暗分かれるマッチアップでした。

場面はKIXTTGに2-1とリードして迎えた第4セットの1v1。第1ゲームをAUK選手が取って、Legend選手には後がない状況での第2ゲームでした。

2人が採用したのは同じ「ディガー・ウォールブレイカー」デッキながら、サブユニットに違いがありました。

序盤、Legend選手が「アサシンユーノ」を上手くタワーに刺してリードしますが、徐々に”防衛WB”も繰り出してリズムをつかんだAUK選手が追い上げていきます。

終盤、AUK選手が「マジックアーチャー」2体の貫通攻撃で右上のタワーを削ったかと思えば、Legend選手もディガーへ防衛ザップを打って土俵際で持ちこたえます。

そして、Legend選手は”これが最後”となるディガーを敢えて左下のタワー(残りHPの高い方)へ送り込んで、AUK選手の裏をかきます。思わず右下のタワー(残りHPの少ない方)へ防衛のバルキリーを出してしまったAUK選手、万事休すか?

しかしまだ粘るAUK選手は、「スケルトン」と”防衛WB”でディガーのターゲットを逸らしに行きつつ、右上へとどめの「ローリングウッド」を流します。

勝負はわずか”数マス”の差でした。

この壮絶な一戦がLegend選手にとっての今季初ゲーム勝利となりました。

CRL Eastは、これほどの技術を持つプレイヤーでもなかなか勝てずにもがき苦しむことがある難しいリーグなのです。

クラロワは対人戦ですから、勝者が出れば同数の敗者も出ます。

勝ちたい気持ちが強くても、1勝の重みを知っていても、マルチやグラチャレでは結果を出せていても、なぜか公式戦では思うようにプレイができない選手たちを毎シーズンのように目にしてきました。

苦しくないはずがないし、逃げたくないはずがない状況です。そんな”戦場”で、諦めずに戦い続ける選手の姿には、やはり数字や結果を抜きにして痺れるものを僕は感じます。

”良い結果を出すのがプロ”なのではなく、”良い結果を出すために全力を尽くすのがプロ”であると、僕は思います。人は神にはなりえないので。

ふと、昔聞いたJ-POPを久しぶりに思い出してしまったので、ちょっとサビだけ引用します。

負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じぬく事
駄目になりそうな時 それが一番大事
負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じぬく事
涙見せてもいいよ それを忘れなければ
(それが大事/大事MANブラザーズバンド。1991年)

元気な時には笑っちゃう歌詞なのだけれど、キツイ時ほどこの詩は染み入ります。
脱線失礼。また来週。

リーグ情報

クラロワリーグ イースト(Clash Royale League East)2020

◆ ◆ ◆

それが一番大事!

Have a good game!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人