DECK

【クラロワ】環境No.1デッキはホグクエイク!?レイジエリゴレにも楽々勝利!

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

はいどうも、kotaです。

今回は僕が今1番強いと思う巨スケホグクエイクデッキを紹介していきます。実際に一時期グラチャレ勝率1位にもなっているデッキです。

エリゴレのゴリ押しに苦しんでいる人、環境で強いデッキを探している人は是非使ってみてください。

巨スケホグクエイクの構成

他の高回転ホグと違って、巨スケなどでの防衛から入ることでゆっくり攻めることができるのでホグ初心者の方にもオススメできるデッキです。

流行りの対ゴブリンの小屋ではクエイクと丸太は非常に優秀です。丸太でゴブリンの小屋を壊すと、最後の3匹も一緒に倒してくれるので無駄なエリ消費を抑えることができます。

クエイクは施設には勿論強いですが、遅延効果もかなり大きいです。どんな試合においてもホグ+クエイクは大活躍してくれます。

ロケット砲士の使い方

ロケット砲士は矢の雨で死ぬといった弱点がありますが、このデッキは対空がエレキ、槍ゴブとあるのでカバーすることができます。

矢の雨持ちではない場合、巨スケの後ろにロケット砲士をつけるだけで非常に厄介な形を組むことができるのでオススメです。

長所と短所

まずこのデッキの強みは防衛力の高さです。巨スケで全ての攻撃を受けつつ他のユニットで防衛できます。

防衛でユニットが残らなかったとしても、ホグ単体でダメージを稼ぐことができるのでコツコツ削り勝てちゃいます。

逆に短所は回転がそこまで早くないことです。巨スケ以外のカードは比較的回しやすいのですが、一定のユニットに対しては巨スケを合わせるしかありません。

巨スケ単体の防衛力はあまり高くないので、両サイドに振られることで火力が分散させられてしまうと受けきれないときがあります。

巨スケ+ロケ砲の最強防衛

巨スケとロケット砲士は非常に相性が良いです。実は巨スケ+後衛ユニットは巨スケが死んだ後に後衛が前に進むことで相手ユニットに爆破が当たらないことがあります。

しかしロケ砲は自分で後ろに下がってくれるので、巨スケの爆弾が相手に当たりやすくなります。もし巨スケが残れば、同サイでも逆サイでもホグを出すだけで強力な攻めの完成です。

ちなみにエリゴレは後衛を巨スケで止めつつロケ砲やミニぺなどでエリゴレを溶かしてカウンターしましょう。

相性が悪いデッキとは?

高回転クエイクホグなどの高回転で攻め続けてくるデッキや、遅延スケラなどです。

呪文がクエイクウッドの2枚なので、相手陣地のマスケやアイウィズを攻撃中に処理することができないので攻めすぎないことが重要です。

スケラの防衛は橋前を巨スケで止めたり、ウッドをしっかり防衛で打ったりすることでどうにか守ることができるので全然勝てます。

高回転クロスやミニぺスパーキーも意外と相性はそこまでよくないです。ロケット砲士を最大限活用して頑張りましょう。

ラヴァに関しては、巨スケ・ミニぺ・ホグの3枚で陸受けを枯渇させつつロケット砲士を溜めることで自分のペースを掴むことができます。

基本的な動き方

ロケット砲士や槍ゴブリンで手札を回しながらホグでコツコツダメージを稼いでいきます。

防衛では主にミニぺで相手のユニットを溶かします。相手の後衛を巨スケでしっかり止めましょう。

巨スケは6コストと重いので自分からはあまり出せませんが、防衛で残った場合はホグと組み合わせて攻めます。

巨スケが盾となりホグがダメージを稼ぐ+防衛のユニットを巨スケの爆破で処理することが可能です。

巨スケを相手のユニットに合わせながらエレキやロケ砲の後衛で火力を補うことでカウンターがしやすくなります。

トルネードがないので、強引に巨スケの爆破を当てることができません。巨スケを出した後は陸受けが弱くなってしまうので、自分から動く際は注意しましょう。

勝つためのポイント

巨スケの爆破を相手のユニットにしっかり当てて防衛することが重要です。自陣では相手が攻めトルネードなどをしない限り、巨スケの爆破は相手に当たります。

トルネード持ちに対しては、攻められる前に逆サイホグなどでトルネを使わせるのが理想的な流れです。

攻めトルネードを使われたとしても、ロケット砲士の範囲攻撃で守れるように常に警戒しておきましょう。

ロケット砲士の強みはノックバックしながらの長い攻撃射程です。エレキとロケット砲士の距離を十分に取ることで、呪文で巻き込ませないことで防衛が楽になります。

エレキについて今まであまり触れていませんでしたが、エレキもこのデッキに必要不可欠です。

エレキによって相手のユニットを止めることで火力不足の巨スケの防衛を補助することでダメージを抑えることができます。

ホグが全然通らない相手に対しては巨スケホグの形を作って強引に攻めたり、ミニぺで陸受け枯渇を狙うことでワンチャンを掴めます。

最後に

環境に強いデッキは使い慣れていなくても一定の強さを期待することができます。これを機にホグを始めてみるのもいいかもしれません。

気づいたら防衛のユニットが溜まっている、なんてことも少なくありません。使っていてとても楽しいデッキなので是非使ってみてください。

読んでいただきありがとうございました。

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人