DECK

【クラロワ】前シーズン世界1位の最強デッキ「遅延クロスボウ」を徹底解説します!

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

どうも、Lewisです。

つい先日シーズンが終わりましたが、前シーズンの世界1位フィニッシュは遅延クロスボウを使用しているプレイヤーでした。

このデッキは古くからどんな環境でも生き残り続けており、非常に完成度の高いテンプレートになっています。

今回はその遅延クロスボウデッキの強さや基本的な立ち回り方、勝率を上げる為のテクニックをご紹介します。

遅延クロスボウデッキの構成

遅延クロスボウデッキの主流となっている型は、

  1. 巨大クロスボウ
  2. テスラ
  3. ナイト
  4. アイスウィザード
  5. ロケット
  6. ローリングウッド
  7. トルネード
  8. スケルトン

によって構成されています。

代用カードとして、ナイトをバルキリーにしたり、スケルトンをゴブリンにすることもできます。

高い防衛力を活かしたカウンターが強力

テスラやアイスウィザード、トルネードといった防衛力の高いカードが多く入っており、非常に防衛に優れていることがこのデッキの特徴です。

まずは防衛から入り、カウンターのクロスボウで削りにいく立ち回りが基本となります。

クロスボウやロケットが入っているため平均コストはそこまで軽くはないですが、スケルトンやナイトなど、コストが軽めのカードが多いためデッキの回転力は高めです。

“呪文削り”主体の立ち回り

このデッキは以前紹介した2.9クロスボウとは違い、クロスボウでタワーを削る性能に特化したデッキではありません。

今回の遅延クロスボウデッキは防衛面に比重を置いたデッキなので、どうしてもクロスボウがタワーに通らないことが多くなると思います。

なので、その防衛力を活かしつつ、ロケットとローリングウッドでタワーを削る呪文削りの立ち回りが重要になります。

ロケット・ローリングウッドの使い方が重要

実際上位層ではクロスボウでタワーを削れるチャンスは滅多にありません。

遅延クロスボウデッキの勝ちパターンは、ロケットとローリングウッドによる呪文削りです。

ロケットは撃った後の隙が大きいので、

  • エリクサーアドバンテージが取れている時
  • 自陣にユニットや防衛施設が残っていて防衛しやすい状態の時

を意識して撃ちましょう。不用意に撃ってしまうとカウンターを喰らいます。

反対に、ローリングウッドは2コストと軽めのカードですので、することがない時や手札回しで積極的に使っていきましょう。

遅延クロスボウデッキはこのローリングウッドの蓄積ダメージも重要なダメージソースとなります。

防衛クロスボウを置く位置

ここからは、遅延クロスボウデッキを使う上で絶対覚えておきたいテクニックをご紹介していきます。

まず防衛する上で最も重要と言ってもいいのが、防衛クロスボウです。

対ライトニング・ポイズン

相手のデッキに効果範囲の広いライトニングやポイズン等が入っていたら、削られているタワーと逆サイドのこの位置に出しましょう。

相手の大型呪文に巻き込まれて、クロスボウの処理と同時に削られているタワーに更なるダメージが入ってしまうことを防ぎます。

対ファイアボール

効果範囲が狭めのファイアボールの場合には、この位置が有効です。

タワーから少し離すことで、クロスボウに撃たれたファイアボールによってタワーが被弾する事を防ぎます。

2.9クロスボウに比べても、防衛クロスボウを置く機会は多くなるので、この位置は絶対にマスターしておきましょう。

ノーダメージでキングタワー起動

この遅延クロスボウデッキという名の通り、呪文カードにトルネードを採用しているため、自陣のキングタワーを起動しやすいデッキとなっています。

(※一般的にトルネードとアイスウィザードの組み合わせが入ったデッキを「遅延デッキ」と呼びます。)

ノーダメージでキングタワー起動できるホグライダーやミニペッカ等の他にも、キングタワー起動の際にダメージが入ってしまうバルーン等でもテスラで中央に寄せることで、簡単にノーダメージ起動ができます。

特にこのデッキはテスラで敵ユニットを中央に寄せて防衛することが多く、キングタワー起動の恩恵を大きく受けられるデッキです。

そして低コストで防衛できるようになれば、より呪文削りがしやすい状態になり、かなり優位になります。

序盤からキングタワー起動は積極的に狙っていきましょう。

テスラを使った防衛テクニック

このデッキで防衛の要となるのが、このテスラです。

このカードの特徴は、敵ユニットが接近してこない限り地中に隠れることです。

その隠れている状態では、アースクエイク以外ではダメージを与えることができないため、ユニットで壊しにいくしか選択肢がありません。

自陣中央での防衛

この中央の位置のテスラは広範囲をカバーすることができます。

防衛固めから入ることで相手に攻撃を強制させ、防衛でエリクサーアドバンテージを取りにいくことができます。

タワー付近での防衛

相手のデッキによってはこうしてタワーに寄せた位置に置いておくことで、相手の攻撃をケアする使い方もあります。

ただラヴァハウンドやバルーンなど、テスラを不用意に切ってしまうとそれらを守れなくなるので注意が必要です。

クロスボウの延命

テスラは防衛のみならず攻撃にも活用できます。

テスラに寄せた位置にクロスボウを設置することで、クロスボウを守りやすくすることができます。

防衛で利用したテスラを活用することもできますし、エリクサーアドバンテージを取っている場合には橋前テスラクロスボウの形を作るのも強力です。

テスラを最大限活用できればかなり強力なので、是非とも習得していきましょう。

さいごに

3年ほど前から生き残り続けるこのデッキの完成度は非常に高いものがあり、極めてしまえば強力な武器になる事は間違いなしです。

難易度は高めのデッキになっているので、めげずに上達していけるように頑張りましょう!

ではまた次回に記事でお会いしましょう。

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人