TOPICS

【クラロワ】最強デッキに対抗せよ。『ロイジャイデッキ』を徹底対策!

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

どうもshunです。

今回は常にデッキランキングのトップに君臨しているロイジャイデッキの対策方法についてです。

ロイジャイデッキは安定した火力に加え守りにも特化していて、攻守ともに完璧なくらいにバランスが取れているデッキです。

そのためトロ上げの世界ランキングでもプロリーグでも数多く使われています。

そんなロイジャイデッキと戦う際に気を付けるべきポイント、勝ち試合にするために意識するポイントを詳しく解説していきます!

ロイジャイデッキの型については別記事に解説がありますので、そちらをご覧ください。

ロイジャイのカウンター対策

まずはロイジャイデッキの基本戦術となる、橋前ロイジャイからの強力なカウンターへの対策方法です。

このカウンターは2種類のパターンがあるので、それぞれに対する対処法をご紹介します。

逆サイドカウンター

中〜重量級デッキで後ろから形を組もうとした時、逆サイドに橋前ロイジャイを展開されるパターンです。

このカウンターは非常に強力で、頑張って自分の攻めが通っても1-1交換になり、防衛が強いロイジャイデッキ側が有利になるのは間違いありません。

これを防ぐために、

  1. 形を作るのはエリクサー有利の時だけにする
  2. ロイジャイへの防衛策を用意しておく

この2つを意識してみてください。

エリクサーリードを取っている場合であれば比較的守り易く、また相手を守りに入らせる事も出来ます。

また、自分が後ろから形を組んでいく時は常に逆サイドカウンターを警戒し、対抗できるカードを温存しておきましょう。

防衛後の橋前ロイジャイ追加カウンター

このカウンターはロイジャイデッキの最も主軸となる攻め方です。

防衛で使ったユニットをそのまま攻めで利用し、ロイジャイ+残った防衛ユニット+呪文のコンボで大ダメージを稼がれてしまいます。

この対策として意識する事は、自分が攻めているターンで相手のユニットを敵陣で倒すことです。

サドンデス以外の時間帯は、自分の攻めを通すことよりも相手ユニットの処理を優先しましょう。

後ろから形を組まれた時の対策

ロイジャイをキングタワー後ろから出す場合の攻め方は、ほぼ一択に絞られます。それは2周目ロイジャイです。

クロスボウを除く高回転系のデッキに対して使われる攻め方で、1周目に防衛手段を使わせ、2周目を通してダメージを稼ぐ戦術です。

これを防ぐ方法は、

  1. ロイジャイを出された瞬間に逆サイドへカウンターを仕掛ける
  2. 同サイド後ろから防衛の形を組む

この2択です。

逆サイドにカウンターを仕掛ける場合

相手がロイジャイをキング後ろから展開したら、すかさず逆サイドの橋前から一気にカウンターを仕掛けます。

エリクサー有利を活かして相手を守りに入らせ、攻めの形を組ませないようにする事ができます。

この場合、エリクサーリードが逆転しないように相手が防衛で使ったエリクサーよりも少ないエリクサーで攻める事を意識しましょう。

同サイドに防衛の形を組む場合

同サイドを守る判断をする際は、ロイジャイを倒せる火力を出せるカードを2枚用意しておく、もしくは手札回しで2度回す必要があります。

2周目ロイジャイも怖いですが、後衛も放置するわけにもいかないので建物で時間を稼ぐ、もしくは早めの処理を徹底しましょう。

先置き建物への対策

ロイジャイデッキはババ小屋ライトニング型をはじめ、オーブンやゴブリンの檻など建物を採用している場合があります。

ロイジャイは先置き建物と相性が良く、こちらのこちらの攻め手を摘みながらキング後ろからロイジャイの形を作ってきます。

これを対処するには、やはり建物を先に壊すしかありません。

この時、相手の建物カードよりも大きいエリクサーを使わないようにしましょう。

例えばオーブンやゴブリンの檻なら4コストですので、5コスト以上使うことは控えましょう。

呪文への対策

ロイジャイデッキのファイアボールやライトニングといった大型呪文に対して、特にロイジャイからタワーを守る時に注意が必要です。

ロイジャイ側がファイボを持っている場合、バーバリアンなどは溶かされてしまうので、別の手段で対応しましょう。

またライトニングを持っている場合は、できるだけ距離を開けてユニットを配置し、まとめて倒されないようにします。

このように、相手の呪文に弱いカードは出す位置を気を付けたりしながら柔軟に対応していきましょう。

自分の攻めを通すためには?

2倍タイムまで無理に攻めない

これは中〜重量級だけでなく、高回転のデッキにも言える対策手段となります。

前述の通り、ロイジャイデッキはカウンターが強力です。

無理に攻めてしまうとそのカウンターを受けるリスクが高くなり、かなり危険です。

相手のユニットを処理しきれる無理のない範囲で攻める事を意識しましょう。

処理するユニットの優先順位を決めておく

これは特に守りが硬いデッキには有効な手段です。

ロイジャイデッキには守りに特化したカードが何枚か入っています。相手陣地内でどれを優先的に処理していくかをあらかじめ決めておきましょう。

そうすることで、無駄にエリクサーを消費する事なくダメージを通し易くなります。

まとめ

最後にまとめますと

  • 橋前ロイジャイをされないように、エリクサー有利を作って攻める
  • カウンターロイジャイをされないためにも早めのユニット処理を心がける
  • キング後ろロイジャイは逆サイドカウンター、または全力防衛
  • 建物は迅速に処理、呪文は把握して相性が良いカードを当てる
  • カウンターを避けるため2倍タイムまでは無理やりの攻めを作らない
  • 攻めの際、ユニットを倒す優先順位をつけておく

です!かなり多くなってしまいましたが、ロイジャイ対策にはこれくらい必要になってしまいます。(笑)

ぜひ自身のデッキでもロイジャイと当たった際、意識してみてください!

Good luck have fun!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人