BEGINNER

【クラロワ】初心者のためのカード講座【建物編】

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

おつかれさまです、kabutomです。

「クラッシュ・ロワイヤル」を始めてすこしの初級者(トロフィー600~2000くらい)のための攻略記事シリーズ、今回は”カード講座【建物編】”です。

建物カードにはデッキの主軸を張ることのできるカードも一部にありますが、”相手の強力な攻めを受けきる防衛施設”としての役割がいちばんの基本になります。

建物が一番効果を発揮できる正しい設置場所を覚えて、ワンランク上の防衛スキルを身に着けていきましょう。

2020年6月時点の仕様に基づいて執筆しています。

建物カードの基礎知識

クラロワのカードは大きく分類すると、

  1. ユニット
  2. 呪文
  3. 建物

の3種類に分けられます。今回は「建物」カードについてのお話です。

まずは、基礎知識から確認していきましょう。

関連講座

クラロワでの「建物」の役割

クラロワの建物カードの基本的な役割は“防衛”です。

自陣の適切な場所に適切なタイミングで設置すれば、同じコストの「ユニット」以上の防衛力を発揮できることでしょう。

中にはユニットを生み出すことでタワーダメージを与えたり、長射程を活かして自陣から相手のタワーを攻撃できる建物もありますが、その活かし方はおいおい覚えていきましょう。

建物主軸のデッキ紹介記事

稼働時間が存在する

ユニットはダメージを与えられなければいつまでもフィールドに残り続けますが、建物はダメージを一切受けなくとも、決められた「稼働時間」が経過すれば自動的に壊れる作りになっています。

なぜこうなっているかというと、”クラロワの主役はユニットたちである”という設計思想が根っこにあるからです。

相手がなにもカードを出してこないのに、手持無沙汰だからと防衛施設を出してしまっては、肝心な時に「稼働時間」切れで役に立てなくなってしまいます。

建物は“後出し”で設置することが重要なのです。

どこに置くかがとても大事

建物カードの使い方のポイントは、適切なタイミングで、適切な場所に設置することです。

はじめのうちは、”相手の攻撃に対して後出しで”、”自陣の中央へ”、防衛施設を置くことを意識してください。

そして、徐々にどのマスがベストなのかについて、ケースバイケースの最適解を覚えていきましょう。

今回の記事でも後半で、基本的なパターンについて解説していきます。

建物カードの4分類

建物カードはその性質から4つに分類できます。

  1. 防衛施設
  2. 小屋系の建物
  3. ウェポンにもなる建物
  4. 特殊な建物

の4つです。

防衛施設

防衛施設は、防衛専門の建物です。

エリクサーコストの費用対効果では、ユニットを上回る防衛性能を持っていますが、相手のタワーには1ミリもダメージを与えることができません。

小屋系の建物

小屋系は、時間経過や壊れたときにユニットを生み出す建物です。

墓石以外は、同格ならば相手のタワーへちくちくダメージを与えることもできるのが特徴です。

ただ、相手のタワーレベルが自分のカードレベルより高い場合、タワーに届く前にやられてしまう点には注意しましょう。

ウェポンにもなる建物

射程範囲がとても長く、自陣からでも相手のプリンセスタワーを攻撃する”ウェポン”にもなれるのがこの2つの施設です。

橋前に設置すれば相手タワーを攻撃でき、自陣中央や低めに設置すれば射程の長い防衛施設として使えます。

特殊な建物

防衛施設でも小屋系でもウェポンでもない特殊な建物がエリクサーポンプです。

エリクサーコストは4ですが、時間経過で合計6のエリクサーを産み出します。置くだけで”エリアド2”が取れる訳です。

もっぱら平均コストが大きい重量級デッキで使われています。

防衛施設の正しい置き方

ここからは、「防衛施設」の正しい置き場所についてケースバイケースで紹介していきます。

Smashlogライターとしても活躍中の”クラロワ大学”さんのYouTubeにぴったりの解説動画があるので、それをお借りして説明していきたいと思います。

防衛施設の2種類のサイズ

クラロワの建物カードの中の「防衛施設」は現在4つありますが、そのサイズで2種類に分けられます。

サイズがちがえば、ベストな設置場所も異なります。それぞれの”正解”位置を覚えていきましょう。

上のレベルになると、「相手が最適な場所に建物を置いてくる読みで呪文を打つ」とか「相手が最適な場所に建物を置いてくる読みで呪文を打つ、と相手が考えているの読みで別の場所に建物を置く」などの高度な駆け引きが展開されています。

ですが初心者・初級者の方は、正しい位置を覚えて、置けることを当面の目標にしましょう。基礎あっての応用ですからね。

3×3マスの施設(大砲・ボムタワー・インフェルノタワー)

2×2マスの施設(テスラ)

3×3マスの施設(大砲・ボムタワー・インフェルノタワー)の場合

それでは、3×3マスの防衛施設の置き場所を見ていきましょう。

基本的な置き場所

「上下は両方のアリーナタワー(プリンセスタワー)から線を引いた位置、左右は中央の2か所」。

これまでざっくり”自陣中央”と言ってきましたが、具体的に言えばここが基本的な置き場所です。

対ゴーレム・対ジャイアント

攻撃対象が建物のみの大型ユニット(ゴーレムやジャイアント)が攻めてきた場合、相手が攻めてきたのと反対側の中央位置が正しい置き場所です。

ここに置くことで自陣内を最大限歩かせることができ、プリンセスタワーの攻撃をフル活用して相手ユニットのHPを削っていくことができます。

対ペッカ・対巨大スケルトン

ユニットにも攻撃できる大型ユニット(ペッカや巨大スケルトン)が攻めてきた場合、相手が攻めてきた側の中央位置が正しい置き場所です。

攻撃対象が建物のみの大型ユニット(ゴーレムやジャイアント)の場合の位置に建物を置いても、釣られず素通りしてしまう点に注意しましょう。

対ホグライダー・対エアバルーン

川を飛び越えられるタイプの、攻撃対象が建物のみのユニット(ホグライダーやエアバルーン)が攻めてきた場合も、相手が攻めてきた側の中央位置が正しい置き場所です。

ただし、相手のバルーンが高等テクニックの”ルート矯正”をしてきた場合は、もう1マス寄せないと建物に釣られてくれないことに注意です。(”ルート矯正”についてはいずれSmashlogの別記事でお話ししたいと思います)

2×2マスの施設(テスラ)の場合

つぎに、2×2マスの防衛施設の置き場所を見ていきましょう。

基本的な置き場所

「アリーナ上のぴったり中央の列」ここが2×2マスの施設の基本的な置き場所です。ケースに応じて上下位置を調整して設置していきましょう。

対ホグライダー

川を飛び越えられるタイプの、攻撃対象が建物のみのユニット(ホグライダーなど)が攻めてきた場合は、川から3マス下の中央位置が正しい置き場所です。

ホグライダーは移動速度も早いので、早すぎず、遅れすぎないタイミングで設置したいです。ただ、この辺は”習うより慣れろ”かもしれません。

対ゴーレム・対ジャイアント

攻撃対象が建物のみの大型ユニット(ゴーレムやジャイアント)が攻めてきた場合、川から4マス下の中央位置が正しい置き場所です。

”ホグライダーの時の1つ下”とおぼえておくのもよいでしょう。

対ペッカ・対巨大スケルトン

ユニットにも攻撃できる大型ユニット(ペッカや巨大スケルトン)が攻めてきた場合は、ホグライダーの時と同じ、川から3マス下の中央位置が正しい置き場所です。

対ラヴァハウンド・対エアバルーン

注意が必要なのは、攻撃対象が建物のみの空中ユニット(ラヴァハウンドやエアバルーン)が攻めてきた場合で、川から3マス下の中央位置から相手ユニットが来た側へ1つずらした位置が正しい置き場所になります。

ここまで記事を読み進めてくれた方は、ぜひ”クラロワ大学”さんの動画を見て復習をしておきましょう。1度見たよという方も、おさらいの意味でもう一度!

※「【クラロワ大学】5分でわかる施設の置く位置の正解。

まとめ

  • 建物カードの基本的な役割は”防衛”
  • 基本的には相手の攻撃に対して、自陣の中央へ・後出しで設置すべし
  • 防衛施設の正しい置き場所は「クラロワ大学」さんの動画で予習・復習しよう

◆ ◆ ◆

Have a good game!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人