BEGINNER

【クラロワ】初心者必見、レベル差なんて関係ない!!すぐに実践可能なトロフィーが爆上がりする5つの方法

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

はいどうもkotaです。

クラロワを始めたけど全然勝てない人、相手のカードレベルが高くて勝てない人もいるはずです。

そんな人のために今回はクラロワ初心者~中級者が、知っておくだけで勝てるようになる5つのコツを教えちゃいます。

①攻めの形を作る

クラロワ初心者の多くはどうしても「ユニット」を橋前から出して攻めてしまうことが多いと思います。(※ユニットとはクラロワにおけるキャラクターのこと)

しかし実際その方法だけでは相手のタワーにダメージを与えることは難しいです。

どうすればいいのか

強い攻めの形を知ることで簡単に強力な攻めをすることができます。

ジャイアントは最初から入手することができ、非常に使いやすく強力なカードですので、今回はジャイアントを使った攻め方を紹介します。

ジャイアントの基本的な出し方は、

  • 防衛で残ったユニットの前につける
  • タワーの後ろからジャイアントを出す

です。

後ろから出す理由は③で説明しますが、基本はジャイアントを盾にして、後ろに他のユニットをつけるだけです。

後ろにつけるオススメのユニットは「プリンス」「ベビードラゴン」「マスケット銃士」「ネクロマンサー」などが挙げられます。

特に攻撃力が高いプリンスや範囲攻撃のベビードラゴンは、後ろにつけるユニットとしては最適です。

勿論他のユニットでもOK、後ろにつけるユニットを複数にすることでより強力な攻めをすることができます。

なぜそれが強いのか

ジャイアントの「攻撃目標」は建物となっており、ユニットには振り向かずタワーに直接向かうので、相手はジャイアントを倒すためにユニットを出さなくてはなりません。

その相手が出したユニットを、ジャイアントの後ろから出した自分のユニットが倒してくれてれることで、そのまま攻めることができます。

それだけで相手のタワーに大きなダメージを与えることができるので是非試してみてください。

しかしジャイアントは「移動速度」が遅いので、相手陣地に入る前に、ジャイアントを他のユニットが追い越してしまわないように注意しましょう。

②自陣で戦う

クラロワは相手のタワーを多く壊した方が勝利するゲームで、

  1. 2つのアリーナタワー(プリンセスタワー)
  2. 中央のキングタワー

の3つのタワーから構成されています。

相手ユニットが自陣に入るとアリーナタワーは相手ユニットを攻撃してくれるようになります。

あまり大きなダメージに思えないかもしれませんが、自陣で防衛する時間が長くなるほどその恩恵は大きくなります。

さらにクラロワは自分の陣地にしかユニットを出せないため、基本的に防衛側が有利になるゲームです。

アリーナタワーが攻撃してくれることで、使うはずだった「エリクサー」を節約することができます。

防衛で残ったユニットやそのエリクサーを利用して、一気に相手タワーを落としましょう。

クラロワの勝利の鍵はいかに自陣で防衛してカウンターできるかです。

③後ろからユニットを出す

相手のユニットを防衛するときはそのユニットの近くに出しても大丈夫ですが、自分からユニットを出すときは基本的に後ろから出しましょう。

こうすることで自分のユニットが少しでも自陣にいる時間を長くすることができ、

  • 攻めるためのエリクサーを貯めることができる
  • アリーナタワーが相手ユニットを攻撃してくれる
  • 相手は攻めのユニットを追加できない(自陣にしかユニットは出せないため)

といったメリットが得られます。

後ろから出さない一部の例外ユニットは「ホグライダー」、「ウォールブレイカー」といった移動速度が速い建物攻撃ユニットなどですね。

他にも上級者になると相手の手札把握をして橋前プリンスなどをしますが最初は気にしなくても大丈夫です。

④射程のあるユニットを活用

射程のあるユニットとはマスケット銃士、アーチャーなどの「遠距離攻撃ユニット」を指します。

射程のあるユニットの強い部分は相手に近づかれれる前に攻撃することができる、対空攻撃が可能といったところです。

逆に弱い部分は体力が低いところ、どんなに遠距離から攻撃できても相手ユニットの近くに配置してしまえば意味はありません。

折角の射程を発揮できずに遠距離ユニットはすぐに倒されてしまいます。

しっかり攻撃したいユニットに対して距離を持って出してあげましょう。

より後ろから出すことで自陣にいる時間を長くすることも重要だったりします。

他にも近距離攻撃のユニットで相手を引き付け、その間に遠距離攻撃でダメージを与えることも効果的なので試してみてください。

⑤単体攻撃と範囲攻撃を区別しよう

クラロワには地上攻撃、空中攻撃の他にも

  • 単体攻撃
  • 範囲攻撃

があります。

どちらの方が強いというのはありませんが、役割が分かれているのでしっかり押さえましょう。

単体攻撃で単体ユニットを素早く処理

代表的なユニットを挙げるならプリンス、マスケット銃士など単体攻撃のユニットは、攻撃力が高く設定されていることが多いです。役割としてはジャイアントなどの単体ユニットを素早く処理することですね。

逆に弱点は「複数ユニット」に弱いこと。(複数ユニットとは1枚のカードでユニットが多数出現するカードのこと、数は多いが一体ごとの体力は低い。例)スケルトン、ゴブリン、ガーゴイル)

スケルトンやゴブリンなどの体力の少ない敵に対しても、1匹ずつしか攻撃できないので簡単に処理されてしまいます。

これについてはゲーム内でカード→プリンスを選択することで出てくる動画を見るとわかりやすいです。

範囲攻撃で複数ユニットを処理

範囲攻撃の代表的なユニットはベビードラゴン、バルキリーなど。

範囲攻撃のユニットは攻撃力自体はそこまで高くありません。ジャイアント単体などの防衛は単体攻撃の方が向いています。

範囲攻撃ユニットの役割は複数ユニットを処理すること。スケルトン部隊などの複数ユニットに対して範囲攻撃を当てることができれば一瞬で倒すことができます。

攻撃範囲にさえ入っていれば相手が1体でも10体でも各ユニットに同じダメージを与えるので、複数ユニットを攻撃させることで最大限に活躍させましょう。

これについてもゲーム内でかカード→ベビードラゴンを選択して出てくる動画を見るとわかりやすいです。

ジャイアントの攻めをより強力に

①で書いたジャイアントによる攻めも、この範囲攻撃を理解することで、より強力な攻めができます。

もしジャイアントの後ろにプリンス、ミニペッカをつけて攻めることができても相手がスケルトン部隊を持っていれば簡単に守られてしまいますが、ここで活躍するのが範囲攻撃です。

攻めるときは単体攻撃ばかりにならないように範囲攻撃も一緒に使って攻めるようにしましょう。

とっておきの裏技

これは「バルキリー」と移動速度の速いユニットを組み合わせた攻めです。

バルキリーは高い体力の近接攻撃でありながら自分の周り360°を攻撃できる範囲攻撃ユニットです。

トロフィー300以降で簡単に入手でき、かなり強力なユニットなので是非使ってみましょう。

具体的な攻め方

バルキリーの後ろにプリンスをつけるだけ。

意識としてはバルキリーをプリンスが押す感じですね。プリンスを持ってないという人でも安心してください、代わりにミニペッカなどでも大丈夫です。

体力の高い360°範囲攻撃のバルキリーと高火力の単体攻撃を組み合わせた必殺技、他にもバルキリーの後ろにホグライダーをつけても強いので気が向いたら試してみてください。

まとめ

これらは試験勉強のように暗記する必要はなく、頭の片隅に入れておくだけで実践していくうちに覚えられるので安心してください。

少しずつマスターして一緒に始めた友達を驚かせてやりましょう。

このサイトでは他にも初心者向けの記事が紹介されているので是非そちらも読んでみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人